漢方薬と運動療法組合わせによる便通改善

NO IMAGE

女性ならばお悩みになる方も多い『 便秘』の問題。私もいつ頃からか、便秘となり、今に至ります。年々少しずつ便秘の具合も悪化しているような気がします。
色々対策をしてきましたが、整腸剤だけでは私の便秘には効果はなかったです。下剤は体に良くないかと思うので、自然な便通のままでありたく、用いておりません。
ネット社会なので色々情報は溢れておりますが、その中で私が着目したのが、防風通聖散。ドラッグストアなどでは、コッコアポ、などの商品名で売られています。
この防風通聖散は褐色脂肪細胞の燃焼が期待出来るとのことで、運動と組み合わせて行うと、尚、効果が期待出来るとの事です。
私にはこの漢方の大黄(ダイオウ)という生薬は効果抜群で、便秘な私がややお腹を壊すという珍しい事が起きました。粉だと分けて飲むのも難しいですが、錠剤タイプなのでお腹を壊した時は2/3など、用量調節しやすかったです。用量調節で自分にとってのベストな量を把握すると、お腹を壊す事もなく、満足な便通頻度となりました。漢方薬の効果は緩やかと思ってましたが、かなり早めに効果が現れるのでとても嬉しかったものです。
そして運動はジョギングを行ないました。褐色脂肪細胞の燃焼を助けてくれるとの事なので有酸素運動のジョギングを行えばより脂肪燃焼が出来るかなという期待から行っておりましま。
便通の改善と運動により2ヶ月で3kmほど落とす事が出来ました。また、便通が規則正しくなったこともあり、お肌の調子も心なしか良い!化粧のノリが良くなったかな、という感覚もあります。
便秘は万病の元、とも言いますし改善して損は無いので、頑固な便秘にお悩みの方は、漢方薬を試してみるのも選択肢の1つかも知れません。便秘が改善されるとお肌トラブルの軽減はもとより、何となくの体調不良なども改善されたと個人的には感じます。
ちなみに、今もなお、更に用量調節して服用の錠数を減らして継続しています。今後も継続したいと思います。